ベジーデル酵素液(公式HP)はこちら
べジーデル酵素液
>>> プチ断食成功者が続出!酵素シリーズ100,000本突破! <<<

2007年04月08日

転職が成功する履歴書

転職活動のファーストステップは履歴書による書類選考をパスすることです。転職で成功する履歴書の書き方のコツを紹介します。採用担当者が履歴書に目を通す時、真っ先に目が行くの『写真』です。写真だけが履歴書の中でビジュアルに表現できる部分です。時間がなくてもスピード写真は避けて、写真店で撮影したきちんとしたものを使います。どんなに記述項目が完璧でも、いい加減な写真はそれだけで不採用とされてしまいかねません。次に目が行く項目は、「志望動機」と「退職理由」です。この2つの項目を最優先に見る担当者が大半です。中途採用に関しては、これまでのキャリアやスキルを重要視されます。採用担当者はこれらを志望動機と退職理由から読み取ろうとします。ゆえに、この2項目では、しかっりと自己PRを盛り込むことが履歴書の書き方のコツです。

但し、どの項目も転職に向ける熱意を伝えたいがあまり、長々と文章を連ねるのはダメです。相手に伝えたいことをまず先に書き、後で簡潔にそれを説明し、文章にメリハリをつけるようにします。担当者に最後まで読ませることを心掛けます。また、履歴書でさわりの部分を書いて興味をを持たせ、面接で詳しく説明するという方法もあります。現状として企業の採用担当者も、簡潔にポイントが絞ってある履歴書以外は、目を通す時間がない場合が多々あります。今まで仕事から身に付けたキャリアやスキルを具体的にアピールしながら、転職希望先の企業に熱意が伝わるように書き方を工夫しましょう。
posted by myu at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。