ベジーデル酵素液(公式HP)はこちら
べジーデル酵素液
>>> プチ断食成功者が続出!酵素シリーズ100,000本突破! <<<

2007年04月13日

退職願いの書き方

退職願いの書き方を紹介します。「退職願い」は、「退職届け」「辞表」と名称もありますが、一般的に「辞表」という形で退職を伝えることは殆どありません。「辞表」を使うとすれば役員・取締役などの重役が退職する意思を伝える場合です。一般従業員は退職願い、退職届けという形で退職の意思を伝えます。退職願いの書き方は、法律で定められているような決まったフォームはありません。「退職願い」は労働契約の解除を申し込む形ですので会社が退社を承諾を労働者に伝えるまでは撤回が可能です。一方の「退職届け」は確定した意思の通告とみなされ特別な事情がない限り撤回できません。よって、退職時は一般的には「退職願い」と書く場合が多いです。就業規則に書式が定められている場合もありますし、会社側が所定の用紙を定めている場合もありますが、いずれにしても「退職願い」「退職願い」を出す前に、退職意思の表明を直属の上司に口頭で伝えた方が無難です。一般的に退職の意思を口頭で告げ了承を得が上で、こういった書類は書きます。「退職願い」であろうと「退職届け」であろうと最終確認の形式として提出するものだと考えてください。では、退職願いの書き方の詳細を説明します。
■用紙、筆記用具
黒インク・万年筆・サインペンで白地の縦書き便箋に書きます。。

■書き出し
本文の書き出しは「私事」または「私儀」。

■表題
「退職願」とし、1行目の上段に書く。

■退職理由について
「一身上の都合」とだけ記入するのが一般的。

■退職日
上司と相談の上、決定した日付を記入。

■届け出年月日
退職願を提出する日付を記入。

■退職後の連絡先(退職は円満退職時などに)
退職後の連絡先を書くことは好感を持たれる。書かない場合もあり。

■署名/押印
所属している部署と名前を書き、その下に押印。

■宛先
宛名は社長名。自分の名前の位置は社長の名前より下に書く。

■封筒
白地の縦長の封筒が一般的。表の中央に「退職願」、裏に部署名と氏名を記入。

以上。退職願いの書き方のサンプルを参考にしてください。良き転職を。目指せ港区ライフワーク!


港区への転職と退職願いの書き方
posted by myu at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。